瀧原宮(たきはらのみや)
・皇大神宮別宮
天照大御神御魂(あまてらすおおみかみのみたま)

倭姫命が天照大御神の永遠の鎮座地を求めて大和から来られた時、この地に宮殿を建てられた。その後、さらによい宮地を求めて、五十鈴川の川上に至ったと『倭姫命世紀』は伝える。
・・・JR東海のパンフレットより

伊勢鳥羽ルートから離れた別宮である。
つまり、初詣の穴場である。
何しろ天照大御神御魂(あまてらすおおみかみのみたま)なのである。
この地には5社鎮座されているのであるが、最初に瀧原宮をお参りするのが掟とのこと。
e0126186_19275098.jpg

e0126186_1928629.jpg


於:三重県大紀町 瀧原宮
EOS 20D+Pentacon 29/2.8





お清めをしなくてはならぬのである。
手水舎はないので、川(頓登川・とんどがわ)の水で、手を洗い口をすすいで参拝せねばならぬのである。
深淵としたいいところではあった。
e0126186_19283477.jpg

[PR]
by lens_hell | 2007-02-24 19:28 | Pentacon 29/2.8


<< 愛国心?? ヒトの世界にも.... >>