<   2009年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧
牛乳
今でも、牛乳配達という職業は成立しているのだろうか。

どうでもいい話ではあるが、学校給食には毎日牛乳が出るのであろうか...
ヨーグルトなどの乳製品があっても、必ず牛乳だけは来たのである。
e0126186_0354961.jpg


於:愛知県蟹江町
Lumix G1 + Carl Zeiss Jena Biotar 58/2 T EX 黒胴鏡

でもって...
[PR]
by lens_hell | 2009-05-30 00:38 | Biotar 58/2 EX 黒
ネギボウズ
やっぱり撮ってしまったのである。
ネギボウズが呼んでいるのである。
ただそれだけである。
e0126186_23374079.jpg


於:愛知県蟹江町
Lumix G1 + Carl Zeiss Jena Biotar 58/2 T EX 黒胴鏡

でもって....
[PR]
by lens_hell | 2009-05-28 23:39 | Biotar 58/2 EX 黒
内から外
洋風編: 旧三重県庁
e0126186_2281238.jpg


和風編: 東松家住宅
e0126186_2284582.jpg


於:愛知県犬山市 明治村
New F-1(AE) + FL 58/1.2
(Ilford Pan F 50)
[PR]
by lens_hell | 2009-05-27 22:09 | FL 58/1.2
東松家
裸電球って何か暖かみを感ずるのである。
ただ、今後、製造する会社が現れるかチト不安なのである。
電熱球がなくなると、博物館・資料館は困るだろうなあ~...
e0126186_20442319.jpg


於:愛知県犬山市 明治村
New F-1(AE) + FL 58/1.2
(Ilford Pan F 50)

ということで....
[PR]
by lens_hell | 2009-05-26 20:45 | FL 58/1.2
チト、意地悪な光線環境で撮ってやったのである。
酸化トリウム万歳って気分だったというのは内緒にしておこう。

聖ヨハネ教会堂
e0126186_2042313.jpg


清水医院
e0126186_2043542.jpg


於:愛知県犬山市 明治村
New F-1(AE) + FL 58/1.2
(Ilford Pan F 50)
[PR]
by lens_hell | 2009-05-25 20:43 | FL 58/1.2
なんじゃもんじゃ
昭和30~40年代に酸化トリウムを混入したレンズが多く作られたのである。
高屈折ガラスがない頃、屈折率を上げるためには効果的だったとの事である。
故に、放射能レンズには銘玉が多いと言われているのである。
ただし、現在においては、多くの玉が黄変しているので、カラーではカラーバランスが崩れる危険性が多く、白黒で使用するのが良いと思われるのである。
なお、黄変しているという事は、黄色のフィルターを噛ましているのと同じ効果が出るのはないかと勝手に想像しているのである。

と言うことで、初夏に於ける、尾張北部から美濃にかけての風物詩、「なんじゃもんじゃ」を撮ってみたのである。
e0126186_894273.jpg
e0126186_895183.jpg


於:愛知県犬山市 明治村
New F-1(AE) + FL 58/1.2
(Ilford Pan F 50)
[PR]
by lens_hell | 2009-05-24 08:10 | FL 58/1.2
篠ノ井線旧線
篠ノ井線旧線は現在、遊歩道として整備されているのである。
往復10㎞ほど歩いたのであるが、行きと帰りでは歩きやすさが全く異なったのである。
見た目では登り勾配が判らぬが、メタボ体型にには結構堪えたのであった...
e0126186_2242638.jpg


於:長野県安曇野市
New F-1(AE) + FL 58/1.2
(Kodak Ektar100)

でもって...
[PR]
by lens_hell | 2009-05-22 22:05 | FL 58/1.2
線路と山
初夏の風が心地よい頃、明科(現安曇野市)へブラブラしに行ったのである。
線路と架線の間から山が見えたのであるが、勿論、オイラには山の区別などつく由もないのである。
e0126186_20564995.jpg


於:長野県安曇野市
New F-1(AE) + FL 58/1.2
(Kodak Ektar100)

このCANON FL 58/1.2と言う玉は、開放1.2の中では一番安いかも知れない。
ただ、この玉には人に言えぬ秘密があるのである。
放射能レンズなのである。
酸化トリウムが入っていると言われているのである。
おかげで、玉は少々黄ばんではいるが、細かいことは言うつもりないのである。
放射能ズミクロンでもおなじみのように、放射能レンズは「ハズレ」がない。
Lumix G1シリーズにおいてデジタルで使えるようになったのである。
タクマー狂騒曲のようになるやも知れぬ....

でもって...
[PR]
by lens_hell | 2009-05-21 21:08 | FL 58/1.2
観音道の西国三十三所巡り
熊野古道伊勢路観音道には西国三十三所の観音様が祀られているのである。
本来なら、最低でも一体づつ般若心経を唱えるべきところではあったが、写真だけ撮って引き上げた罰当たりはオイラなのであった。
e0126186_2057715.jpg


於:三重県熊野市
New F-1(AE) + P.ANGENIEUX 90/1.8 EX
(Fuji Astia100F)

ということで....
[PR]
by lens_hell | 2009-05-19 20:59 | ANGENIEUX 90/1.8 EX
徐福神社
徐福とは秦の始皇帝の命を受けて日本へ不老不死の薬を探しに来た人物である。
波田須の波田とは、
秦(シン→ハタ)と転じたモノだと言われているのである。
現実には徐福ではないかも知れないが、黒潮の流れを考えると、古代シナの戦乱で破れたモノの一部が紀伊半島の先端に辿り着いたと考えられない事もないのである。
で、武将もいる、医者いる、農家もいる....
当時、イノシシを追いかけていたと推測される原住民は彼らシナ人を見て神様に感じたとしても不思議ではないのである。
e0126186_2045663.jpg


於:三重県熊野市
New F-1(AE) + P.ANGENIEUX 90/1.8 EX
(Fuji Astia100F)

どうでもいい話だが....
[PR]
by lens_hell | 2009-05-18 20:05 | ANGENIEUX 90/1.8 EX