乙基の渡し
昔は熊野川を下るのに船を用いたそうである。
しかしながら、貧乏人は歩くしか無いのである。
現和歌山側には道が無かったそうである。
三重側(現熊野市~紀宝町)を歩いたのである。
で、ここらへんで、渡し船によって、新宮(速玉大社)へ向かったそうである。
逆に現代の貧乏人は渡し船が無いことから、この先河口付近まで歩くこととなるのである。
遊んでいる漁船で「渡し」をやって貰いたい今日この頃ではある。
e0126186_1531791.jpg


於:三重県紀宝町
EOS 3 + EF24-105mm F4L IS USM
(Fuji Provia100F)
[PR]
by lens_hell | 2010-02-27 01:53 | EF 24-105/4L IS


<< 色がチト変な赤丸ポスト 飛雪の滝 >>